鑑賞-Life

洋画・邦画・洋画アニメ・邦画アニメを自分なりの感想、意見、情報で伝えていきます。

人気おすすめ邦画『クローズZERO』の映画情報・レビュー【ネタバレ注意】

ロ ー ズ Z E R O

f:id:hiromaru56:20181201172205j:plain

出典:クローズZERO : フォトギャラリー 画像 - 映画.com

【基 本 情 報】
 監 督  三池 崇史
 ジ ャ ン ル   スリラー/アクション 
 上 映 時 間  130分

 

皆さんどうもッ 【ひろ丸】(id:hiromaru56)ですッ!!

今回は、【三池 崇史】監督の

『 ク ロ ー ズ Z E R O をレビュー【ネタバレ注意】。

 

 

 

『 登 場 人 物

滝谷 源治(たきや げんじ)

主人公。鈴蘭男子高校に転校してくる。未だかつて鈴蘭をまとめ上げた存在はいなかったが、不可能とされる鈴蘭制覇を本気で目指す。

芹沢 多摩雄(せりざわ たまお

鈴蘭の頂点に最も近いとされる男。圧倒的強さで、プロレス技を多用する。鍛え抜かれた肉体と、腕力を持つ。実家は貧乏。

片桐 拳(かたぎり けん)

矢崎組のチンピラで鈴蘭のOB。弱いが男気があり、源治と出会い鈴蘭制覇に協力するなど、面倒見がいい。

『 感 想 ・

高橋 ヒロシ先生の漫画『クローズ』が原作のこの映画は、今回の『 ク ロ ー ズ Z E R O『 ク ロ ー ズ Z E R O Ⅱ 』の2部作で構成されています。高校生の、男のプライドをかけた闘いが描かれて、仲間同士の友情も多く見て取れる作品です。

滝谷 源治の実家は瀏生会というヤクザで、その組をもらうためには条件として「鈴蘭で頂点を取る」こと。鈴蘭に転入後、源治の強さを見込んで仲間がどんどん増えていきます。そこには男らしい友情も。そして敵対する芹沢軍団と、鈴蘭の頂点を掛けた戦争が始まります。

この映画、とにかくカッコいい!! さをしていながらも仲間を大切にし、何より強い。よく、映画の闘いのシーンなんかでは、「本当に殴ったか?」と思ってしまうような残念なアクションがあったりするんですが、『 ク ロ ー ズ Z E R Oでは、撮影中実際に拳をぶつけたりして撮影したそうです。当然のように怪我などしたとか。俳優さんの男気が感じられました。

この作品は、男の生き様を描いている作品だと思います。ただ・・・どう見ても高校生には見えないですけどねw

みんなカッコいいな~

見た目も強さも心もカッコいいッて感じッ

でも実際にあんな高校生いたら・・・

恐い!!

 

『 あ ら す じ

鈴蘭男子高校の頂点を手にした者はまだ誰もいなかった。滝谷 源治芹沢 多摩雄は鈴蘭のテッペンを取るため、戦争を始める。

『 お す す め イ ン ト

★★★☆☆ 『キャスト』

今人気を博している俳優さんが多数出演しています。絶対高校生・・・には見えないんですが、その迫真の演技は素晴らしい。実際に怪我などもしているほどの演技なので、迫力あります。

★★★★ 『オリジナル』

原作は【高橋 ヒロシ】先生の漫画なんですが、ちょうど漫画の1年前の話を完全オリジナルで作ったのが今作です。なので、漫画とイメージが違うというような違和感が無いので、新鮮に観ることができると思います。

★★★★★ 『喧嘩』

ただの喧嘩ではない。目的がしっかりとあり、そこを目指す中で闘いが起き、仲間ができる。ある意味、男の青春映画だと思いました。少し憧れましたw

 

 

『 ま と め

この映画、同じ高校生時代に初めて観たんですが、観終わった後なんだか自分も強くなった気分に・・・w そのくらいおもしろくて、印象深い作品でした。

『クローズZERO』では学校内での戦争、『クローズZERO Ⅱ』では他校との戦争が描かれているので、是非2作とも観てみて下さい。

 

『 こ ん な 画 も 紹 介

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life