鑑賞-Life

洋画・邦画・洋画アニメ・邦画アニメを自分なりの感想、意見、情報で伝えていきます。

【名作】おすすめ邦画『ドラゴンボールZ/復活の「F」』の映画情報・レビューをチェック!!

シェアボタン

ラ ゴ ン ボ ー ル Z / 活 の 「 F

               f:id:hiromaru56:20181223183716j:plain

出典:ドラゴンボールZ 復活の「F」 : 作品情報 - 映画.com

【基 本 情 報】
 監 督  山室 直儀
 ジ ャ ン ル   ファンタジー/SF 
 上 映 時 間  94分

 

皆さんどうもッ 【ひろ丸】(id:hiromaru56)ですッ!!

今回は、漫画原作の

ラ ゴ ン ボ ー ル Z / 活 の 「 Fをレビュー【ネタバレ注意】。

 

 

『 登 場 人 物

孫悟空

地球育ちのサイヤ人で、誰よりも強く頼れる主人公。さらなる次元の強さを知り、「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人」、つまり「超サイヤ人ブルー」という強さを得ながらも、常に修行に励む。リラックスし過ぎて自信過剰なところが欠点である。

ベジータ

サイヤ人の王子で悟空のライバル。彼もまた修行の末、「超サイヤ人ブルー」という強さに到達する。悟空とほぼ同等の力があるが、頭で考え過ぎる分、悟空にいつも一歩先を行かれるという欠点がある。

フリーザ

サイヤ人の宿敵であり、惑星ベジータを滅ぼした悪の帝王。悟空、また青年トランクスにより倒されたが、今作で復活しさらにパワーアップして登場する。生まれながらの天才戦士。

f:id:hiromaru56:20181223190158j:plain

出典:ドラゴンボールZ 復活の「F」 : フォトギャラリー 画像(4) - 映画.com

『 感 想 ・  

2015年に公開した、『ドラゴンボール』シリーズの劇場版。鳥山 明先生がキャラクターデザインをし、なんと今作で初めて単独で脚本も務めました。

『ドラゴンボール』シリーズの中でも人気があり印象深い敵でもあったフリーザが復活するという、ファンには嬉しい作品。タイトルの復 活 の 「 F 」は、フリーザのFであり、またファンのFという意味も込められているそうです。 悟空ベジータは、さらなる次元の強さを知り、「超サイヤ人ブルー」というとてつもない強さを身につけ、さらなる修行に励んでいました。そんな時、フリーザ軍によりフリーザが復活します。地球のドラゴンボールで願いをしたことによる復活です。孫悟空への復讐計画を立てたフリーザは、今のままでは負けてしまうと思い、なんとトレーニングをします!! あのフリーザ様がトレーニング・・・なんだか可愛いw 物凄い執念を感じさせる内容でした。トレーニングを終えたフリーザ悟空ベジータと対峙することになります。「超サイヤ人ブルー」の2人と、さらに強くなったフリーザは「ゴールデンフリーザ」となり、互角の闘いを見せます。悟空達はフリーザをまた倒すことができるのか、地球を救うことができるのか。映画さながらのド派手な闘いを楽しめる作品です。 

フリーザ恐いなッ

今回は悪さをするというより、復讐のための闘いなんだよ

さらに恐いなッ!!

だいぶ昔のキャラクターだけど、今でもメインキャラとして登場するのは、それだけ人気のある悪者ッてことだねッ

 

『 あ ら す じ

あのフリーザが復活した。さらに強くなった悪の帝王を倒すため、地球を救うため、孫悟空とベジータは修行の成果を発揮する。

『 お す す め イ ン ト

★★★☆☆ 『展開』

個人的に今までの『ドラゴンボール』シリーズにしては展開が二転三転していた気がしました。ただ強い物同士が闘って終わりッて感じじゃなく、不意打ちに似た感覚の展開だったと思います。

★★★★ 『スピード感』

ドラゴンボールの戦闘シーンはやっぱりカッコいいですよね。スピーディで迫力ある。昔の映像よりもさらにその描写がキレイになっています。「かめはめ波」、昔マネしたりしたなぁw

★★★★★ 『F』

フリーザが復活という内容、ドラゴンボール観てた人なら嬉しい展開だったんじゃないかなッて思います。昔から人気ありましたもんね。タイトルに『 復 活 の 「 F 」 』と入っているだけあって、フリーザ寄りのストーリーになっている気がしました。

f:id:hiromaru56:20181223200751j:plain

出典:ドラゴンボールZ 復活の「F」 : フォトギャラリー 画像(2) - 映画.com

 

 

『 ま と め  

最近のドラゴンボールは良く知らないッて方でも、あの懐かしいフリーザが登場する作品なので、昔のドラゴンボールを知ってるなら十分楽しめる内容となっています。そしてドラゴンボールらしい迫力ある映像を、よりキレイな絵で観れます。幅広い世代におすすめできる作品です。 

 

『 こ ん な 画 も 紹 介  

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life