鑑賞-Life

洋画・邦画・洋画アニメ・邦画アニメを自分なりの感想、意見、情報で伝えていきます。

【名作】おすすめ邦画『銀魂2/掟は破るためにこそある』の映画情報・レビューをチェック!!

シェアボタン

/ 掟 は 破 る た め に こ そ あ る

 

            f:id:hiromaru56:20181230164942j:plain

出典:銀魂2 掟は破るためにこそある : 作品情報 - 映画.com

【基 本 情 報】
 監 督  福田 雄一
 ジ ャ ン ル   アクション/歴史フィクション 
 上 映 時 間  135分

 

皆さんどうもッ 【ひろ丸】(id:hiromaru56)ですッ!!

今回は、漫画原作の

/ 掟 は 破 る た め に こ そ あ るをレビュー【ネタバレ注意】。

 

『 登 場 人 物

坂田 銀時

今作の主人公。通称”銀さん”。万事屋(なんでも屋)を営む、侍魂を持ったちょっと変わった人物。かつては「白夜叉」と呼ばれる伝説の侍だった。普段は気の抜けた感じだが、やる時はやる。

土方 十四郎

新選組の副長で、クールなモテ男。ヘビースモーカーでマヨラーである。「鬼の副長」として恐れられているが、今作では「トッシー」という別人格が現れ、ヘタレオタクとなってしまう。アイドル・フィギアオタク化していく。

伊藤 鴨太郎

新選組参謀として政治面でも活躍する。剣の腕も一流で信頼も厚いが、土方 十四郎とは犬猿の仲。今作で巻き起こる事件に関わる重要人物で、影のある人物。

f:id:hiromaru56:20181230181717j:plain

出典:銀魂2 掟は破るためにこそある : フォトギャラリー 画像(3) - 映画.com

『 感 想 ・ ら す じ

あの『銀魂』が帰ってきたッ!! ユルくも面白い前作からさらにパワーアップしている今作は、原作の漫画の「新選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させた内容となっています。

金欠となった「万事屋」の3人がバイトをすることとなり、そこで出会った将軍様将ちゃんを必死に接待する話と、新選組の内部分裂に巻き込まれていく話を上手く掛け合わせながらストーリーは進んでいきます。キャバクラで接待することになった銀時らは、上手くその場を切り抜けることができるのか、新選組の内部分裂の裏には一体何があるのか。面白おかしい内容の中に、緊迫感ある物語も楽しめる作品となっています。

f:id:hiromaru56:20181230183342j:plain

出典:銀魂2 掟は破るためにこそある : フォトギャラリー 画像(2) - 映画.com

今作を観て思ったのが、本当に上手くコメディ要素とアクション要素を分けながらも徐々に繋げて1つのストーリーにしていたところです。漫画原作の映画だと、内容を詰め詰めにしてゴチャゴチャな内容になってしまうことがよくあるんですが、そんなこともなく、福田 雄一】監督らしいシュールで面白く、迫力ある映画となっていて、とても観やすい内容となっていました。この独特の描写だからこそ、漫画を実写にするという難しい設定を上手く作ることができたと思います。

 

やっぱり【福田 雄一】監督の映画はおもしろいッ♪

しかもアクションシーンもカッコいいし、何気に感動シーンもあるよなッ

そうそうッ おもしろい要素満載の映画だよね!!

オレも出たかったぜッ

『 お す す め イ ン ト

★★★☆☆ 『コメディ要素』

前作に引き続き、コメディ要素が盛りだくさんです。シュールな笑いは個人的にツボw パロディもあり、放映ギリギリを攻めている感じが素晴らしいです。絶対にやらないであろう俳優さんもふざけまくっていて、【福田 雄一】監督ならではの独特の世界観でした。

★★★★ 『アクションシーン』

さらにアクションシーンが迫力ありカッコいいものになっていました。やっぱり殺陣があるアクションは日本の映画らしくていいですね。さらに爆発シーンやワイヤーアクションなんかも多彩で、観ていてハラハラします。

★★★★★ 『意外に感動』

物語の後半、感動シーンがあり意外でした。ふざけ続けるのかなと思ってたんですが、ちゃんとした物語がありました。そのギャップが余計に感動を増幅させている気がする。ただ面白おかしいだけの内容じゃない素晴らしい映画です。

『 ま と め

面白くて、カッコよくて、迫力があって、感動がある・・・つまりほぼ全ての要素が詰まった素晴らしい作品です。原作の漫画を観ていなくても十分楽しめる映画ですし、前作の映画を観ていなくても内容自体は繋がっていないので単品で観ても大丈夫だと思います。あの超人気俳優陣が普段見せない演技をされているところも見所の作品なので、是非観てみて下さい。

 

『 こ ん な 画 も 紹 介

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life