鑑賞-Life

洋画・邦画・洋画アニメ・邦画アニメを自分なりの感想、意見、情報で伝えていきます。

【名作】おすすめ洋画『ジグソウ/ソウ・レガシー』の映画情報・レビューをチェック!!

シェアボタン

『 ジ グ ソ ウ / ソ ウ ・ レ ガ シ ー

                                      f:id:hiromaru56:20190107202624j:plain

出典:ジグソウ ソウ・レガシー : 作品情報 - 映画.com

【基 本 情 報】
 監 督  マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ 
 ジ ャ ン ル   ミステリー/クライム
 上 映 時 間  92分

 

皆さんどうもッ 【ひろ丸】(id:hiromaru56)ですッ!!

今回は、『ソウ』シリーズの

『 ジ グ ソ ウ / ソ ウ ・ レ ガ シ ー をレビュー【ネタバレ注意】。

 

『 登 場 人 物 』 

ローガン・ネルソン

検視官で、10年前に終わりを迎えた「ジグソウ」の事件がまた発生し、その犠牲者と思われる死体を調べる。元軍人で、敵の捕虜となり拷問された過去を持つ。 

ハロラン

刑事。今回の「ジグソウ」関連と思われる事件を担当する。強引で粗暴な面がある。ローガンとは過去に何かあったらしく、2人の間には深い溝がある。

エレノア

検視官でローガンの助手。キレイな女性だが、「ジグソウ」信者でもあり、「ジグソウ」の信者達が作ったWEBサイトの常連でもある。それにより事件に関与していると疑われる。

f:id:hiromaru56:20190107204611j:plain

出典:ジグソウ ソウ・レガシー : フォトギャラリー 画像 - 映画.com

『 感 想 ・ あ ら す じ 』

2010年に完結した『ソウ/ザ・ファイナル 3D』から7年後、2017年に新生『ソウ』シリーズとして公開されました。だいぶ月日が経ってからの今作、新たに進化した『ソウ』を観ることができ、過去作ともしっかりと繋がっている内容となっています。

「ジグソウ」ことジョン・クレイマーの死から10年。5人の男女がゲームに参加することに。ゲームを始めた声の主は、なんと死んだはずのジョン・クレイマーだった。シリーズお馴染みの残酷なゲームが始まります。罪を告白し、真実のみが自由にするという内容。生と死に直面する人間の姿が描かれています。

一方、「ジグソウ」関連の事件が発生し、被害者の検視をするローガンエレノア。さらに事件を担当するハロランなどの刑事達は、事件解決へと動きます。死んだはずのジョン・クレイマーの犯行のはずがない。模倣犯によるものだということで、事件の真相へと迫っていきます。死のゲームとその事件を捜査するといった2つの物語が進んでいきます。ゲーム参加者は生き残ることができるのか、この事件全体の真相は一体何なのか。謎と謎がだんだんと繋がっていき、最後には意外な展開へと発展していきます。

f:id:hiromaru56:20190107212657j:plain

出典:ジグソウ ソウ・レガシー : フォトギャラリー 画像(5) - 映画.com

この『ソウ』シリーズは、とにかく伏線が素晴らしく作り込まれています。最後には、完全に予想していなかった結末となっていく。しかもその伏線が1つの作品で留まるのではなく、前作や次回作にも繋がってるという細かさ。よくここまで考えて作れるなぁとシンプルに驚きます。また、ゲームで使用される仕掛けなども細かく設定されていて、恐怖ではあるけどちゃんと理にかなっている設定だと思いました。グロテスクで気持ち悪いイメージの『ソウ』シリーズですが、内容の良さを知ると、こんなに内容の深い作品はなかなか無いなと思います。

『ソウ』シリーズおもしろいけど、軽くトラウマなるよな~・・・

確かにグロテスクなシーンたくさんあるもんね

しかも人間の本性みたいなものも描いてるから余計気持ちが重くなる・・・

でもそのリアルさが、あの怖くておもしろい内容になっていると思うよッ

 

『 お す す め ポ イ ン ト 』

★★★☆☆ 『少し和らいだグロさ』

「ジグソウ」のゲーム内で起こる残酷なシーンや、グロテスクなシーン。過去作より若干和らいだ感じがしました。昔よりだいぶメジャーな作品になって、より多くの人に観てもらえるようにしたのかなと思いました。

★★★★ 『名シーンが』

過去作で登場した道具や、名シーンなんかが所々で登場します。『ソウ』シリーズファンには嬉しい演出。やっぱりシリーズ通して観ると、より今作を楽しめると思います。

★★★★★ 『伏線回収』

シリーズお馴染みの、ラストに伏線回収していくシーン。本当に予想外で、納得のいく展開となっていきます。『ソウ』シリーズの醍醐味であり、「気持ち悪さ=ソウ」ではなく、「伏線回収=ソウ」だと個人的には思います。

『 ま と め 』

7年越しの新たな『ソウ』ということで、ファンにとっては嬉しい作品でした。しかも、期待を裏切らない内容。全く予想できない展開と、気持ち悪さ満点の作品となっているので、是非そういう映像が大丈夫な方に観てほしいです。

意外な人物も登場!?w

 

『 こ ん な 映 画 も ご 紹 介 』

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life