鑑賞-Life

洋画・邦画・洋画アニメ・邦画アニメを自分なりの感想、意見、情報で伝えていきます。

【名作】おすすめ邦画『るろうに剣心』の映画情報・レビューをチェック!!

シェアボタン

 

『 る ろ う に 剣 心

                                                     f:id:hiromaru56:20190102011308j:plain

出典:るろうに剣心 : 作品情報 - 映画.com

【基 本 情 報】
 監 督  大友 啓史
 ジ ャ ン ル   ドラマ/アクション 
 上 映 時 間  134分

 

皆さんどうもッ 【ひろ丸】(id:hiromaru56)ですッ!!

今回は、漫画原作の

『 る ろ う に 剣 心 をレビュー【ネタバレ注意】。

 

『 登 場 人 物

緋村 剣心

今作の主人公。穏やかで優しい性格だが、かつて「人斬り抜刀斎」と恐れられていた伝説の剣客。不殺(ころさず)を誓い、流浪人として明治維新後を生きている。逆刃刀という峰と刃が反対になっている刀で戦う。

神谷 薫

今作のヒロイン。「神谷活心流」道場師範代で、美しい容姿をし、剣の腕も立つ。活発で正義感のある性格だが、少し怒りっぽい。今作で剣心と出会い、共に行動するようになる。

鵜堂 刀衛

金で人斬りを請け負う浮浪(はぐれ)人斬り。殺人欲のみで動く危険な存在で、今作のメインの敵でもある。「心の一方」という、眼から気を発し相手を金縛り状態にする技を使う。

f:id:hiromaru56:20190102013839j:plain

出典:るろうに剣心 : フォトギャラリー 画像 - 映画.com

『 感 想 ・ ら す じ  

実写版『るろうに剣心』全3部作の第1作目で、2012年に公開されたこの映画。原作は漫画で、アクション要素の多い難しい内容であったが、映画、ストーリー共に素晴らしい作品となっています。漫画原作を実写化するという、なかなか良い評価を得られない傾向にある世の中で、当時、今までに無いような迫力ある演出で高評価を得た作品だと思います。

主人公緋村 剣心神谷 薫やその他の主要メンバーと出会う内容や、共に戦って絆を深めていく内容が描かれており、今作のメインの敵である鵜堂 刀衛との迫力ある死闘を観ることができます。原作を知っていると、キャラクター設定やストーリー展開が分かりやすく観やすい作品となっていますが、原作を全然見たことない人でも、その圧巻のアクションシーンや、不自然無く実写化されている演出により十分楽しめる作品となっています。

f:id:hiromaru56:20190102021751j:plain

出典:るろうに剣心 : フォトギャラリー 画像(2) - 映画.com

当時この映画を観た時は、衝撃を受けました。日本の映画がこんなにスゴいアクションをするのかと。今までの侍映画では、戦うシーンなんかは単調なイメージがありだんだん飽きてしまったりしていたんですが、今作はとにかく迫力のあるシーンがたくさんありました。いろいろな技を使ったり、何より殺陣のスピーディさが素晴らしかった。単純にカッコいいと思える映像が観ることができます。また、漫画をそのまま不自然に実写化するのではなく、風景や人物の服装などを違和感無くしているところも良かったと思います。「絶対にこんなのあり得ないだろ」と思わせないような描写となっていて、モヤモヤ感無く楽しめると思いました。

 

漫画の『るろうに剣心』見たことないッ

大丈夫ッ 内容も理解できるし、カッコよさも十分伝わる映画になってるよ♪

そうなのかッ 戦うシーンがとても気になるぜッ

スゴく迫力あってスピード感溢れる映像になってるよ!!

『 お す す め イ ン ト

★★★☆☆ 『実写化というもの』

よく漫画やアニメを実写化すると、そのままの服装や周りの風景を取り入れて、結果違和感ありまくりの映像になったりします。しかし今作では、登場人物や町並みなどのイメージはそのままに、少し色あせたような雰囲気にして、リアルさを出しています。よって違和感無く観ることができる映像になっていると思います。

★★★★ 『原作を知らない』

特に原作の漫画を見ていなくても、内容や人物像などは掴みやすいと思います。知っているとそれなりにおもしろい作品だし、知らないとい今までにあまり観たことないスゴい侍映画ッて感じに思える作品です。それだけ公開当時は全く新鮮な感覚の作品でした。

★★★★★ 『やはりアクションシーン』

とにかく戦闘シーンがカッコいい!! スピーディなアクションで、刀を使ったスタイリッシュな戦いを観ることができます。「こんな戦い方があるのか!?」ッてぐらい意外でカッコいいアクションを楽しむことができると思います。

『 ま と め

3部作中の第1作目ということで、多少お試し感があった作品だったと思うんですが、その漫画を実写化するという挑戦を見事成功させた作品だと思います。カッコよく、爽快感を味わいたいなら是非この作品を観てみて下さい。

 

『 こ ん な 画 も 紹 介  

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life