鑑賞-Life

洋画・邦画・洋画アニメ・邦画アニメを自分なりの感想、意見、情報で伝えていきます。

【名作】おすすめ洋画『アンブレイカブル』の映画情報・レビューをチェック!!

シェアボタン

『 ア ン ブ レ イ カ ブ ル 』

                                                           f:id:hiromaru56:20190124170309j:plain

出典:アンブレイカブル : 作品情報 - 映画.com

【基 本 情 報】
 監 督  M・ナイト・シャマラン 
 ジ ャ ン ル   ドラマ/ミステリー
 上 映 時 間  106分

 

『 A m a z o n プ ラ イ ム ビ デ オ 』

アンブレイカブル(字幕版)

アンブレイカブル(字幕版)

 

 

皆さんどうもッ 【ひろ丸】(id:hiromaru56)ですッ!!

今回は、M・ナイト・シャマラン監督の

『 ア ン ブ レ イ カ ブ ル 』をレビュー【ネタバレ注意】。

『 登 場 人 物 』

デヴィット・ダン

アメフト会場の警備員をしている中年男性。乗客131人が死亡するという悲惨な列車事故にあうが、傷一つ負わずに唯一生き残った。そこから自分の過去にあった怪我や病気を考えてみるが、今まで全くなったことがなかった。 

イライジャ・プライス

コミックのコレクターで、自身でコミック関連の画商をしている。ちょっとしたことで身体の骨がすぐ骨折してしまう骨形成不全症という難病を抱えている。自分の境遇とは対極にあるデヴィットに接触してくる。

オードリー・ダン

デヴィットの妻。夫と息子の3人暮らし。夫婦仲があまり良くない状態。大学時代からデヴィットと付き合っていて、交通事故をキッカケに結婚した。しかしそのせいでデヴィットはアメフトの選手生命を絶たれてしまう。

『 感 想 ・ あ ら す じ 』

2001年に公開したSF/ミステリー映画。『アンブレイカブル』とは直訳で「破壊不可能」という意味で、主人公であるデヴィット・ダンの性質を表しています。

乗客131人が死亡する列車事故が起き、デヴィットはその事故で唯一の生き残りとなる。そこから彼は過去に怪我や病気をしたことがあるのか考える。しかし、今まで一度もそんなことはなかった。ある日、イライジャと名乗る人物と接触することに。コミック(漫画)のコレクターである彼は、骨形成不全症という些細なことでも骨折してしまうという難病を抱えていた。自分の身体の状態と対極にある存在がいると考えていた彼は、デヴィットの傷一つ負わない身体の状況を見て接触してきた。まるで特殊能力を持つコミックのヒーローのようであると。そこから、デヴィットイライジャのミステリアスな物語が進んで行きます。

今作は、特殊能力を持つヒーローの話ではなく、ごく普通の中年男性がもしかしたら特殊な能力があるかもしれないという、自分はどんな存在なのかを探していく物語です。激しいアクションシーンがあるわけでもなく、カッコいいスーツを着たりもしません。あくまで現実的な内容で、ヒーロー映画を完全にミステリーにした内容となっています。ダーク的な要素があり、登場人物達がどうなっていくか全く分からない展開が楽しめる作品だと思います。

本当にミステリー満載の映画だよねッ

でもカッコいいアクションシーンとか無いんでしょ?

そうでね・・・この映画はそういった観方じゃなくて、普通の人がどうやって自分の力と向き合っていくかみたいな内容なんだよ

なるほどッ なかなか難しそうな内容だねッ

『 お す す め ポ イ ン ト 』

★★★☆☆ 『ダークなイメージ』

全体的なイメージは暗くダークな感じの内容。映画内のBGMもあまりなく、本当に現実的な内容の物語となっています。普通の人間に特殊能力があるかもしれないという、決してカッコいい物語ではないけど、ミステリー感がスゴく伝わる作品です。

★★★★ 『家族関係』

家族関係はギクシャク。どうしようもないわけではないけど、悲しさがある家庭を描いています。主人公の能力の秘密と共に、家族がどうなっていくかも中心的に描かれていると思います。

★★★★★ 『結末』

デヴィットには本当に特殊能力があるのか、イライジャの狙いとは一体何なのか。最後の最後までミステリー満載の物語となっています。最後は予想外の展開も。目が離せないストーリーとなっていると思います。

『 ま と め 』

よくあるヒーロー映画とは全く違う、現実的な内容の映画だと思います。ヒーローとしての活躍を描いているのではなく、自分は特殊能力があるのか、ヒーローになれるのかが描かれている。特殊能力という点ではヒーロー映画なのかもしれませんが、内容はとても複雑で、それほどミステリー要素が高い作品となっていると思います。

 

『 こ ん な 映 画 も ご 紹 介 』 

www.hiromaru.life

www.hiromaru.life